検索
  • info016944

流行りの『ウエットスーツマスク』の洗い方!これを見れば大丈夫!

最終更新: 6月21日

今流行りの『ウエットスーツマスク』ですが、洗い方はどうしたらいいのか?そもそも洗えるのか?と感じている方もいらっしゃると思います。今回は、その疑問に答えていきます。


ウエットスーツマスクってどんなマスク?



まず、ウエットスーツマスクとはなんでしょうか。その名の通り、ウエットスーツの生地で作ったマスクのことです。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスク不足は大変深刻なものになっていますよね。そんな中、マスク不足解消に少しでも貢献できるよう、様々な企業がマスク業界に参入しています。


オキナワブレッシグもその一つです。オキナワブレッシングは、オーダーメイドのウエットスーツを制作しており、プロのダイバーや自衛隊、消防署からも注文が来る、人気と実力を兼ね備えたプロ集団です。このオキナワブレッシングが、ウエットスーツマスクの制作に乗り出しました。


では、オキナワブレッシングのウエットスーツマスクには、どのような特徴があるのでしょうか。


① 何度も洗えて再利用できる

洗剤で洗って何度でもご使用いただけます。だから、とても清潔で経済的です。

②雨に打たれたり、水仕事現場で濡れたりしても大丈夫!

着用中に突然の雨に打たれても大丈夫。ウエットスーツ生地なので、濡れてもすぐに乾きます。なので、介護の現場や、水を使用する現場の方にも、大変おすすめです。

③伸縮性が⾼く、⽿が痛くなりにくい

マスクの材料は、ウエットスーツに使用する日本製のクロロプレンゴムで、 ネオプレーンとも言われます。また、日本のトップ生地メーカー、山本化学工業株式会社の製品をメイン素材として使用しております。山本化学工業株式会社は、世界でも評価の高い会社です。

さらに、ウエットスーツ生地特有の伸縮性で、長時間着用していても耳が痛くならず、終始快適に使用することができます。

マスクのサイズは一律で、スモールとレギュラーになっています。

・スモール 縦 14cm 横 15.5cm

・レギュラー 縦 16.5cm 横 18cm


ウエットスーツマスクの洗い方




では、ウエットスーツマスクはどのように洗って管理したら良いのでしょうか。わかりやすく紹介していきます。


① 必要な物を用意する。
​まず、衣料用洗剤と清潔なタオル、洗面器を用意します。特にタオルは、マスクを洗浄した後に使用しますので、汚れていない清潔なものを用意します。

② 洗浄液を作る。(水2ℓに対して洗剤0.7gなど)
​洗面器の中に、ぬるま湯と洗剤を入れて溶かし、マスクを洗浄する液体を作ります。

③ マスクを洗浄する。
​洗面器の中にマスクを入れ、優しくもみ洗いをします。

④ 洗い流す。
​洗面器の中のぬるま湯を入れ替えて、マスクに洗剤が残らないように洗い流します。洗い残し、流し残しがないように、十分気をつけてください。

⑤ 水気をとって干す。

洗浄が終了したら、軽く絞り水気をとります。水が滴り落ちなくなったら、清潔なタオルで軽く押しながらさらに水気をとります。その後室内などで干します。


マスクが乾く時間は、その時の室内の状況などにより左右されますが、基本的には数時間で乾いています。他の洗濯物と同じくらいか、それより少し早く乾くと考えて良いでしょう。


こちらの動画も、同じ内容をわかりやすく説明していますので、どうぞご覧ください。





今回は、ウエットスーツマスクの洗い方についてご紹介しました。何度でも使える清潔で経済的なオキナワブレッシングのウエットスーツマスク!


正しく扱って、長持ちさせましょう!


⇩マスクの詳細やご購入はこちらから⇩

https://www.okinawablessing.shop/


インスタグラム

https://www.instagram.com/okinawablessing_wetsuits/


0回の閲覧
logo_e ホワイト (1).png

TOP     /     使い方     /     ラッシュガードマスク     /     ウルトラライトウエットスーツ     /     ご購入の前に     /     ショップ     /     私たちについて     

会社概要     /     ​特定商取引     /     プライバシーポリシー     /     ブログ     /     FAQ     /     お問い合わせ 

© Okinawa Blessing all rights reserved.

0